BANKERAから8週目のレベニューシェアとICOの日程発表!

BANKERAから8週目のレベニューシェアがありました。今週は0.0012ETHでした。微々たるETHですが、いままでの分が、ようやく2ユーロほどになりました。Pre組にとっていちばん気になるのがICO後の価格ですよね。今週は、ようやくそのICOの日程が発表されました!

ICOの日程が発表!11月27日(月)日本時間21時(UTC12時)開始、終了は2月末

なんと、終了来年2月末!なにげに長い気もしますが・・
ICO期間。売れ残るとPre-ICOとICOのトークン保有者に按分されるので、運営側も期間長くしてでも、売りたいですよね。その前に売り切れちゃえば、早く終了するかもですが。75億BNKですから、どうですかね。自分としては、40億BNKが良い当たりかな?と見てますけど。その場合、価格はPre-ICOの二倍ですからね。そして残りの35億BNKは按分です。楽しみに経過観察しましょう。

BankeraのQ&Aがブログに出てますので、一部気になったものをのせますね。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -

Q1: BNKトークンの性質に関する情報を提供していただけますか?それはERC-20かXEMベースか両方か?そして両方のブロックチェーンに同列のスマートコントラクトがありますか?SpectroCoinからBNKトークンを引き出すことは可能でしょうか?可能であればERC-20トークンをETHウォレットまたはXEMモザイクのどちらに引き出すかを決定するのは顧客側ですか?

NEMとEthereumブロックチェーンの両方に2つの同列のスマートコントラクトがあります。ICO後、トークンを引き出すことが可能になります。顧客はERC-20、NEMモザイクを引き出すことができます。


Q3: リトアニアの中央銀行のVirtual Currencies取引に関する声明はBankeraのICOへ影響しますか?

リトアニアの中央銀行の声明は2014年のECBの意見に基づいています。SpectroCoinとBankeraはこれを常にビジネスモデルの指針として考慮してきました。だから何も影響しません。このことでこの市場の競争率が下がる可能性がありそれはBankeraにとっては良い兆候であることを意味します。またBankeraのチームだけがリトアニアに拠点を置いていますがBankeraのチームはさまざまな管轄区域でもライセンスを取得しています。


Q8: 将来、BNKが他の暗号通貨と同様に使われるようになれば純利益は増加しますか?この取引利益の特色は永遠に継続するのか、それとも将来的は終了するのか?

BankeraとSpectroCoinを使用する人が増えるほど、純取引利益は増加します。そしてそれは今後しばらくの間は続くでしょう。


Q11: 2018年の計画を教えてください。ロードマップではICOと銀行ライセンス取得の間には長い空白の期間があります

製品を改善し、新しい決済手段を追加する予定です。


Q12: ICO中にSpectroCoinでBNKをETHやBTCに交換できますか?

BNKをETHやBTCおよび他の通貨に交換できるのはICO後からです。

- – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – - – -


といった具合で、やはり2018年の計画やBNKの他通貨への交換できる時期など、気にされてる方が多いのかなと感じました。2018年の計画にもう少し大きなものがあれば、BNKを保持しようかなと思う人も増えると思うのでBANKERAには頑張ってもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする