CSC - 公式ブログに2018年6月開発アップデートに関する記事が投稿されました。

数日前にCSCにおける、6月の開発アップデートに関する記事が投稿されましたので、そのブログを参照&Google翻訳しながら、6月の開発アップデートの自分なりの大事だと思うポイントなどまとめときます。その後に自分のMEA状況に関しても書こうと思います。


▼目次

  1. 2018年6月 - 開発アップデート
  2. MEAにおける自分の状況
  3. OpenSeaで貴重なVoucherの出品を確認

2018年6月 - 開発アップデート

以下、Crypto Space Commander公式Mediumブログより参照
公式ブログの該当ページはこちら


銀河連邦ニュースネットワーク(GFNN)AD-「銀河はすべての大きさの危険な無人機で満たされています。」とのこと。

これらの無人機ともバトルしたりしながら旅をすることになるのでしょうかね。もちろん、ある一定の範囲外のエリアでは、PvPもあると言ってた気がする。バトル苦手な自分は、なるべく避けながら冒険したいなあ。遠目。

ゲーム

ゲームプレイの発表とアルファ版の両方が進行中。
アルファ打ち上げのための価値あるビルドのリリースが非常に近いとのこと。
そのビジュアルはすばらしく、ゲームの仕組みは驚異的なものになる。
ゲームプレイ、新型船、鉱業、戦闘などを紹介するDev's Diaryビデオがすぐにリリースされるとのこと。



プロメテウスクラス駆逐艦(In-Engine Gameplay Render)



プロメテウスクラスハーベスタ(In-Engine Gameplay Render)

新しいコントラクト

CSCでは、最終的なNFTコントラクトを準備してるようです。
ERC-721の最新の設計仕様で、オフ・チェーン・スケーリング・ソリューションによるゲームプレイと拡張性を容易にするための機能を内蔵するとのこと。

この最終的なNFTコントラクトによる移行/償還の機能が来月ウェブサイトに追加されるらしい。

最終的なNFTコントラクトでは、バウチャーは更新されたバウチャーに交換することができるが、船の償還自体はCSCのメインネット立ち上げ後まで行われないとのこと。

ウェブサイトの更新

ウェブサイトも多少オーバーホールされる予定とのこと。
新しく含まれる予定のもの
・CSC船舶および商品の取引市場
・CSC NFTの詳細を記載したアイテムページ
・CSC商品の検索とソートのためのさまざまな新機能を備えた最新のハンガー
・ゲームプレイのスクリーンショット、ビデオ、コンセプト画像、およびゲーム設計情報

今後2〜3週間の予定。

バウンティ&紹介プログラム

フォーラムバウンティプログラムは5月に終了し、新しいNFT契約の展開を利用するために配信が延期されたとのこと。6月の第3週頃に奨励金の分配が始まる予定。

紹介プログラムもオーバーホールを受ける予定。
最終的な紹介バウチャーの配布は6月22日に行われます。
その後、新しい紹介プログラムと報酬が発表されます。

Pre-Sale の変更

現在のPre-Saleは6月22日で終了するとのこと。
この最初のPre-Saleが終了すると、未売却品はburnされることに。

最初のPre-Saleで配布された資産には「First Fleet」というタイトルが付与され、資産ビジュアルにエンブレムが追加されるとのこと。もちろん元の特典をすべて保持。
6月22日以降に、新しい船を含む予定の新しいセールスアイテムがアナウンスされる模様。


Phoenix Shuttle Class


・現在のPre-Saleで販売されているバウチャー各種の販売も永久に終了となり、売れ残りバウチャーはburnされ、新しいバウチャーは一度も作成も販売もされない。

販売、または紹介プログラムで得られるバウチャーたちが貴重なものになりそうな予感がします。
CSCメインネット内において自力で鉱石やアイテムを集めて、船を作成する労力(資金的なもの&時間的なもの)を考えると、行使する時点で発見されてる同クラスの船なら複製できちゃうバウチャーの威力は計り知れませんな。

Mining Expedition Alpha の更新

MEAでは、多くの司令官の参加により、450万トンの鉱石が採掘されたようです。
大きく変化はないが、調整が加えられる予定があるみたいです。
詳細に関しては、次のアップデータにて。

新しいRare Ship

CSCのリニューアルの一環として、2つの新しいレアな船が追加される予定です。
その一部が公開されてます。なかなか大人な雰囲気の船です。これはサイズ感、形からするとIntrepidクラスの船かな??。仮にもしそうならですが、 Intrepid Voucher でも復元することが可能になりますね。



目次に戻る

MEAにおける自分の状況

現在、CSCの開発が完了するまでの間、行われている
ミニゲームの一つ「MEA」がプレイできる状況のCSCですが

自分もMEAスタート当初から参加して、コツコツと採掘作業して来ました。
いくつかのアドレスに船を分けているのですが、そのうち一つの状況は下の画像のようになってます。一番希少な鉱物であるTriliteも少し掘れました。自分の場合、何気にAllurumが、見つかりづらいです。

一応、複数のスターシステムを回り、なるべくレアな鉱石が採掘できる星をいくつか発見してるので、今は集めたいレア鉱石に焦点を絞り採掘してます。


このPROCESSボタンを押すことで、採掘して集めた鉱石を精錬し自分のHANGERページに反映することができます。

目次に戻る

OpenSeaで貴重なVoucherの出品を確認

クリプトゲーム御用達?のOpenSeaにて、CSCの船も出品されてます。
もちろんPre-Saleで売られてる船もあるんですが、もっとも安く出品される可能性のあるものの一つが、紹介プログラムで配布されたVoutherたちです。このVoucherは、CSCメインネット以降において、行使時点に発見された同じクラスの船を復元できるというもの。もちろんPre-Saleで販売されたウルトラレアの一品ものの船は除外です。

Pre-Saleで発売されてるVoutherの価格は発売当初から一定で
Prometheus Voucher : 0.75 ETH
Corsair Voucher : 0.35 ETH
Intrepid Voucher : 0.2 ETH

となってます。なのでこの価格での購入者がそれ以下で出品することは考えにくく、CSCメインネット後に権利行使すると思われます。もちろん権利行使するとVoucherの残存枚数は減ることになります。

それに比べて、紹介プログラムで配布されたVoutherたちは、無料で手にしたものなので、出品される際の価格が低くなりやすい。

しかも、機能的には全く同じもの。
そういう理由から、OpenSeaで、この紹介プログラムで配布されたVoutherたちを狙うのもありだと思います。数に限りがあるのは同じなため、出品される数も少ないので早めに手にいれる必要もあるかもしれません。この記事を書いてる段階では、12個しか出品されてませんでした。

一番高い価格のものでも
Prometheus Voucher : 0.644 ETH →→→ Pre-Sale価格より14.1%安!
Corsair Voucher : 0.31 ETH →→→ Pre-Sale価格より11.4%安!
Intrepid Voucher : 0.13 ETH →→→ Pre-Sale価格より35%安!
とまあ、かなりお得に購入することが可能です。
個人的には、Prometheus Voucherは、今後かなり貴重になるのではないかと思ってます。このクラスの船に搭載できるモジュールの数は非常に多く、なにより自力で作成するのは相当キツイと思われるからです。


ちなみにカテゴリーが分かれていて
CryptoSpaceCommanders では、Pre-Saleで購入された船、Voucher
CryptoSpaceCommanders-2 では、紹介プログラムで配布されたVouther
となってるようです。


OpenSea.io CSC-2のページはこちら


とまあ、盛りだくさんの更新でしたが、今後も様々なアップデートなどがあるでしょうから本当に楽しみです。とりあえず6/22まで、のんびりMEAでレアな鉱石採掘を続けようと思ってます。

目次に戻る


CSC公式サイト
CSC公式Mediumブログ
CSC公式テレグラム
CSC公式Discord

スポンサーリンク

シェアする